電陽社建設 電陽社建設Webサイトへ

TOPへ

木造耐震改修工事 耐震診断・耐震補強工事のご案内

富山の耐震改修工事なら
実績豊富な電陽社建設へ

木造住宅の耐震リフォーム

木造住宅の耐震リフォームをお考えの方へ
古くなってきたマイホームが心配だけど、どうしたらよいかわからない。面倒そう。お金がいくらかかるのか見当がつかない。という方が多いと思います。
『家族や家を守りたい!』という思いを実現できるよう、相談から工事完了まで、様々な問題を解決するお手伝いを電陽社建設が一貫しておこないます。一緒に目標を定めて行動に移りましょう。

家族を守る木造耐震改修
3つのステップ

  • 1.目的を設定し、実行しましょう

    どんな工事をするのか。住みながら工事はできる?リフォーム後の見栄えは?疑問点は建築士に質問しましょう。それから家具の固定も忘れずに!

  • 2.地震の怖さを知りましょう

    いつ来るのか、どこにくるのか、どれくらいの大きさなのか。敵を知らないとどう戦うかもわかりません。まずは地震のことをもう少し考えましょう。

  • 3.自分の家の強さを知りましょう

    地震に打ち勝つ強さがありますか?安心して暮らすにはどのくらいパワーアップすればよいですか?予算のこともありますね。がんばって目標を決めましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください!

1.目的を設定し、実行しましょう

自分の家の強さを知った上でどこまでの補強が必要なのか考えましょう。

耐震診断をしましょう
敵である地震のことがわかったら、次はそれを迎え撃つ自分の家が持つべき強さを考えましょう。家の強さは耐震診断による「評点」がものさしです。評点は資格を持ったプロの建築士の診断によって知ることができます。耐震改修後の強さも同じものさしで表されます。

  • アイディア1
    リフォームをすることで耐震性を高くしましょう!

    リフォームを検討もしくは行うときが耐震工事を行うチャンスです!
    リフォーム工事伴い、耐震補強などの工事がしやすい状況になることが多くあります。
    壁の中が見えるときなどに一緒に工事を行いましょう。


    例1)
    キッチンや風呂などが古くなり、水周りのリフォームをしたいな。
    壁を壊したりもするようだしついでに耐震補強をしておこう・・・
    例2)
    子供や孫が遊びに来ても泊まりたがらない。
    皆が集まれるような広いリビングに、お風呂やトイレも綺麗で快適にすればもっと遊びにくるかもしれないなぁ。
    皆が安心して遊びにこられるように耐震工事もしておこう。

    このように一例をご紹介しました。耐震工事と一緒に快適リフォームを実現してください。

    アイディア1アイディア1
  • アイディア2
    補助金またはローン控除を受けたい

    耐震改修、部分耐震改修工事に要する経費経費の2/3を補助します。 (補助金の限度額は60万円

    木造住宅の耐震診断・耐震改修の支援制度|富山県庁公式ホームページ
    アイディア2
  • アイディア3
    必要な補強だけしよう 耐震改修チャート(マトリックス)

    現在お住まいの住宅の評点、改修工事によってパワーアップさせる目標の評点を決めましょう。でも、目標の評点を高くすると当然費用も高くなります。つまり、目標の評点を考えるには、必ず費用をにらみながら考えなくてはなりません。建築士に相談し概算費用を出してもらいましょう。なお、正確な工事費用はかなり具体的な設計をしなければ決まりませんし、実際に工事が始まってからでないとわからない点もたくさんあります。

    アイディア3アイディア3
それでは安心に向けて実行しましょう
  • 手順1
    耐震診断を申し込みましょう

    負担金は2000円(条件あり)
    電陽社建設え現場確認、必要資料を作成いたします。資料を基に耐震診断をおこないましょう。
    ※一定の条件を満たす必要があります。

  • 手順2
    診断結果をみて作戦を立てましょう

    改修内容と金額を合わせてシミュレーションしてみましょう
    予算に合わせて改修内容を見直しましょう
    ・ 診断結果検証
    ・ 補強プラン
    ・ 概算費用(1箇所/10万~) 24箇所×10万 =240万 など

  • 手順3
    工事内容を決定し、改修工事を行いましょう

    ・プラン決定
    ・工事契約
    ・交付申請
    ・仮住まい →集中的に工事が可能、引越が必要になります
    ・住みながら →音、振動、工事期間がやや長くなります
    ・片付け →工事箇所の片付け
    ・工事着手 →耐震改修開始(耐震改修は計画通りにはなりません。億悪様にご了承いただきながら必要に応じて計画の変更を行います)
    ・完工 →補助金利用の場合 実績報告
    ・住まい →2月確定申告をおこないます

  • 手順4
    確定申告をしましょう

    ・建築士による増改築工事証明

まずはお気軽にお問い合わせください!

2.地震の怖さを知りましょう。

地震は自然現象ですから、いつ、どこにどれくらいの大きさのものが発生するのか、確実なことはわかりません。でも、どうせわからないからと言ってしまうと話が進みません。地震についてわかっている基本的なことをもう一度見直し、それをもとにどんな地震に対して備えるべきかを考えることが大切です。

まさに日本は地震大国

地球の表面を覆う地殻はいくつかの板(プレート)に分かれています。これらのプレートは年間数センチずつ移動しているためプレートの境目ではぶつかりあったときのひずみが蓄積します。このひずみが限界に達し、プレートにずれが生じると地震が発生します。左の図は大地震の発生地点を世界地図上に描いてみたものです。いかに日本で地震が多いか分かるでしょう。日本で暮らす限り、地震からは逃れられません。

富山県でも地震が起きる可能性は十分にあります

富山県では大きな地震がないから耐震は必要ないと思われている方も多いかと思いますが、富山周辺には10以上の断層帯があり、地震が起きる可能性は十分にあります。油断は禁物です。
富山県の地震活動の特徴 - 地震調査研究推進本部

南海トラフの被害予想でも5弱~5強の揺れがあると予測されています。
南海トラフ地震の被害想定:朝日新聞デジタル

いつくるのか、どこにくるのか、どれくらいの大きさなのか完全に地震を予測することは困難です。大切な家族と家を守るために、いつ大きな地震がきても良いように備えましょう。


気象庁震度階級

震度階級 人の体感・行動 屋内の状況 屋外の状況
0

人は揺れを感じないが、地震計には記録される。

-

-

1

屋内で静かにしている人の中には、揺れをわずかに感じる人がいる。

-

-

2

屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。眠っている人の中には、目を覚ます人もいる。

電灯などのつり下げ物が、わずかに揺れる。

-

3

屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる。眠っている人の大半が、目を覚ます。

棚にある食器類が音を立てることがある。

電線が少し揺れる。

4

ほとんどの人が驚く。歩いている人のほとんどが、揺れを感じる。眠っている人のほとんどが、目を覚ます。

電灯などのつり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てる。座りの悪い置物が、倒れることがある。

電線が大きく揺れる。自動車を運転していて、揺れに気付く人がいる。

5弱

大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。

電灯などのつり下げ物は激しく揺れ、棚にある食器類、書棚の本が落ちることがある。座りの悪い置物の大半が倒れる。固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある。

まれに窓ガラスが割れて落ちることがある。電柱が揺れるのがわかる。道路に被害が生じることがある。

5強

大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる。

棚にある食器類や書棚の本で、落ちるものが多くなる。テレビが台から落ちることがある。固定していない家具が倒れることがある。

窓ガラスが割れて落ちることがある。補強されていないブロック塀が崩れることがある。据付けが不十分な自動販売機が倒れることがある。自動車の運転が困難となり、停止する車もある。

6弱

立っていることが困難になる。

固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある。ドアが開かなくなることがある。

壁のタイルや窓ガラスが破損、落下することがある。

6強

立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。

固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものが多くなる。

壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物が多くなる。補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる。

7

立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。

固定していない家具のほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある。

壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物がさらに多くなる。補強されているブロック塀も破損するものがある。

発生する現象の例

建物の倒壊による被害
1995年に発生した阪神淡路大震災で亡くなられた方は6434名、そのうち80%以上の方が建物の倒壊や家具の転倒によって命を落とされました。本来は人を守るべき住宅によって悲しくも命を奪われたのです。

まずはお気軽にお問い合わせください!

3.自分の家の強さを知りましょう

地震がきたら家はどうなってしまうか?家族を守ってあげられますか?

耐震診断をしましょう
敵である地震のことがわかったら、次はそれを迎え撃つ自分の家が持つべき強さを考えましょう。家の強さは耐震診断による「評点」がものさしです。評点は資格を持ったプロの建築士の診断によって知ることができます。耐震改修後の強さも同じものさしで表されます。

耐震診断

耐震診断をすると、あなたの家の強さに0.4、0.7、1.0のような点数がつきます。
この点数は、現在の建築基準法で定められている最低限の強さを1.0としたときあなたの家の強さの比率を表していると考えてください。つまり、評価0.5ということは、耐震基準で定める半分の強さしかないことになります。

耐震改修の効果

地震のときに受けるであろう被害の大きさは、地震の大きさと評点の関係から決まります。この関係を示したのが、下の耐震改修チャートです。表の中の数字はその住宅の評点を表しています。評点が高くなるほど同じ地震に対する被害の程度が軽くなっていくことが分るでしょう。0.3きざみの粗い間隔でしか示していませんが、評点が意味する住宅の強さがある程度ご理解いただけると思います。

出典:井戸田秀樹、嶺岡慎吾、梅村恒、森保宏:在来軸組木造住宅における一般耐震診断の評点と損傷度の関係
耐震改修促進のための意思決定支援ツールに関する研究(その1)
日本建築学会構造系論文集 第612号、pp.125132、2007年2月

表の読み方をご説明しましょう。まず、評点が0.4の住宅です。表の中の記号0.4の位置が、地震の震度とそのときに発生するであろう被害の関係を示しています。たとえば震度5弱の地震であれば小破程度、5強の地震であれば大破の被害を受けることが分かります。震度6弱以上で倒壊を覚悟しなければなりません。
次に評点0.7を見てみましょう。震度5弱のときの被害は小破で0.4のときと変わりませんが、震度5強の被害は大破から中破に軽減されています。地震が震度6弱、6強のときの被害も倒壊から大破に軽減されています。命を守るという観点からは評点0.7程度の強さに高めることはかなり効果があるといえますね。
同じように評点1.0、1.3の場合も表に示してあります。
費用はかかりますが、より高い評点を目指せばより高い安全性が得られることが分かると思います。

下の図は、一般的な木造住宅が地震時に受ける被害の程度を「無被害」「小破」「中破」「大破」「倒壊」の5段階に分けて示したものです。被害の程度は、地震で揺れている間に住宅がどのくらいたくさん変形したか(傾いたか)によります。僅かな変形であれば地震が終わった後住宅は元の形に戻りますが、変形が大きくなると揺れが終わっても元の形には戻りません。変形がある大きさを超えると、もう自分の重さを支えきれなくなって倒壊します。修復の可能性や被害写真と一緒にご覧いただき、修復の度合いや避難生活の必要の有無など、被害の程度の違いをしっかりと認識してください。

被害の様子 修復の可能性と被害状況
無被害 ほぼ無被害

・仕上げのモルタル、漆喰などに軽微なひび割れが発生する場合がある
・壁紙にしわが寄ることがある

変形

1cm以下

小破 継続使用可・軽微な補修要

・部分的なタイルの剥離
・窓周辺のモルタルなどにひび割れ
・壁紙の部分的破損
・瓦のずれ、部分的落下

変形

1~5cm

中破 多くの場合避難生活
かなりの修復費用が発生

・外壁の剥離、脱落
・窓、扉の開閉不具合
・内装仕上げの剥離

変形

5~10cm

大破 避難生活・修復困難

・内外装の激しい剥離
・大きな柱の傾き
・窓、扉の破壊
・余震による倒壊の可能性

変形

10cm以上

倒壊 命を落とす危険性大

・室内空間がなくなる
・近隣への影響大
・火災発生の可能性大

まずはお気軽にお問い合わせください!

耐震施工実績事例

CASE.1 『内装、外装の全面リフォーム』H邸

内装、外装の全面リフォームを行いました。
ダイニングキッチンは広く明るいLDKに変身。キッチン、バス、トイレなども一新し、床のバリアフリー化と断熱もしっかり行うことで新築同様の住みやすさを得ました。

  • 施工前

    外観

  • 施工後

    外観

  • 施工前

    外壁

  • 施工後

    外壁

  • 施工前

  • 施工後

  • 施工前

    リビング

  • 施工後

    リビング

  • 施工前

    キッチン

  • 施工後

    キッチン

  • 施工前

    廊下

  • 施工後

    廊下

  • 施工前

    トイレ

  • 施工後

    トイレ

  • 施工前

    洗面

  • 施工後

    洗面

  • 施工前

    浴室

  • 施工後

    浴室

CASE.2 『耐震補強に必要な部分的な内装改装』S邸

耐震補強に必要な部分だけを工事するケースです。耐震補強に必要な工事に乗じて古くなったキッチンやお風呂もついでに改装、 部分的な工事なのですべては壊さず、住みながらのリフォームも可能です。予算に合わせて必要な部分だけを改装し、機能と快適さを両方叶えることができました。

  • 施工中

    キッチン

  • 施工後

    キッチン

  • 施工中

    玄関ホール

  • 施工後

    玄関ホール

まずはお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

耐震リフォームに関してのお問い合わせはこちらから

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせの内容