富山県高岡市・富山県富山市で呼吸する家(WB工法)を建築しています。デザインにこだわった新築・リフォームは電陽社建設にお任せください。

富山市 Yさま邸 / 築40年の住宅をリフォーム こだわりの真っ白な家

当事例は多くの方にも参考いただける内容のため、
施工前から耐震工事、施工、完成までを詳しくご紹介します。

リフォームプランの決定まで

築40年の中古住宅を耐震性・使いやすさを兼ね備えた住宅へ

富山市内のマンションにお住まいだったY様。子供たちも成長しマンション住まいは手狭になったため利便性が高いこの地域の中古住宅を購入。築40年の中古住宅を耐震性・使いやすさを兼ね備えた住宅へとリフォームします。

検討中のYさま邸模型

■ご主人のご要望
・安心して暮らせる家。
・地震にも安心できる補強を施す。

■奥様のご要望
・陽射し溢れる明るい家。
・趣味の料理を活かして、友人知人を招いてホームパーティができる家。

施工前の状況

過去3度の増築を繰りかえし今の形となった住宅は見た目も構造も複雑となっており、現状調査のうえリフォームプランを検討します。玄関横、前部の車庫部は取り壊す予定となっています。
内部は典型的な中廊下がある和洋折衷スタイル。今でも不便はあるものの、そのまま暮らしている家庭は多いのではないでしょうか。
現在は、窓が小さく家の中は暗い印象です。大きな窓に付け替える予定です。
さて、工事後はどうなるでしょうか??

 

リフォームプラン 「温故知新」

耐震補強・最新設備と言った機能は新しくし使い勝手は考慮。
でも、建物が経てきた時の趣は大切に残しました。



安心の住まいへ、耐震補強


解体・耐震診断

築40年という物件のため耐震性に懸念

Yさま邸のリフォーム工事で、ご主人が特に気にされていたのは『建物の耐震性』でした。築40年という物件のため現在の建築基準法に求められる耐震性が不足していることが予想されました。

解体作業で不要な部位や内装を撤去します。躯体が見える状態にしてから耐震診断を実施します。
耐震診断は行政で認可された『耐震診断士』が調査を行います。 なお、富山市では『耐震診断・耐震改修の支援制度』によって僅かな負担で調査を行うこともできます。
耐震診断の結果、建物の一部に耐震性が不足していることが判明しました。

 

耐震補強工事

耐震診断の結果を基に補強工事を行います。補強工事の方法としては、壁の配置や量を改善したり、筋かいを加えたり、接合部分をしっかり固定するなどの方法が採られます。
なお、耐震補強を行うには内壁を取り除く必要があります。今回のようにリフォーム時に耐震工事をあわせて行うことで工事の無駄を省くことができます。

追加した筋交い(左)と筋交いを固定するための金物(右)。

接合部分を補強します。土台と柱(左)、梁と柱(右)を固定する金物


こちらには既存の筋交いや火打ち台が適切に設置されていて問題ないことを確認しました。

断熱工事

耐震補強工事にあわせて断熱工事を行います。 断熱性を向上させ省エネな暮らしを実現します。リフォームの機会に耐震工事や断熱工事をあわせて行うことで、住まいの総合性能を向上させることができます。

外壁工事

車庫を取り除いた部分に新しい外壁と玄関を施工しました。内装仕上げ工事が進んでいきます。

 


日差しあふれる明るい家に、内装工事

明るく広い住まいに

Yさま邸のリフォーム工事で、奥様が望まれていたのは『明るく広い住まい』でした。
リフォームという制約のある中でいかに明るく・広く見せるかがカギとなります。

 

自然の光をより多く効率的に採りいれるために、サッシは建物の構造上可能な範囲で大きく取りました。
引き違い窓とFix窓(はめ殺し窓)を組み合わせることで使いやすさと明るさを実現しています。家の中へたっぷりと光を採りいれています。

 

構造上取り除けない柱や壁をどのように扱うかが設計士の腕の見せ所です。このような仕口もデザインとして見せる予定です。
LDKの柱4本(手前2本と奥に見える2本)は見せる形で残します。仕上がりをお楽しみに!
従来階段の側面は壁でしたが、取り除くことで空間を広く見せます。また1階と2階の風の通り道となります。(→部分の壁を取り除いています)

天井

2階の天井は取り除き、梁を出して仕上ました。天井を高くすることで開放感を増し、より広く感じさせます。古い建物ならではの個性的な梁の形が、印象を高めています。白色にすることで明るい空間にしました。
1階の天井も一部の梁を見せることで、天井高を高くしています。こちらも白色に仕上る予定です。

 

その他

洗面台はガラスのボウルを採用しています。透明な素材を使うことで明るい空間を演出します。仕上がりが楽しみです。
2階の建具の一部は古いものを塗装して再利用します。明るい白色で仕上ます。

 

完成!こだわりの住まい

外観

改装前の外観

真っ白い外壁がシンプルで洗練された印象です。既存のアールの窓がアクセントとなりました。
瓦屋根はそのままですが、洋風の外観に違和感無くマッチしています。
前面道路に植栽を設けました。富山市の助成制度を利用しました。
夜にはライトアップされた印象的な外観は街中でもひときわ目をひきます。

 

玄関&玄関ホール


素材感にこだわった木製の玄関ドアとなっています。Y様のこだわりでハンドルはアンティークのものを取り付けました。

改装前の内観

室内に入ると真っ白な空間が来訪者を迎えます。
壁面はクロスではなく自然塗料による塗装仕上げとしました。塗装仕上げにすることでイメージチェンジを簡単にすることができます。Y様の奥様自身今後のプチリフォームを楽しみにされています。
自然素材の表情や温かみのある感触を活かした住まいとなっています。
玄関の土間はコンクリート仕上げとなっています。多数の来訪者でも十分な広さとなっています。
なお、この内見会では、Y様のお知り合いの家具屋さんとお花屋さんの展示が行われました。
KAKI工房さん
ジュアン フルリストさん

 

リビング

改装前の内観

明るいリビングに生まれ変わりました。
無垢のパイン材の床が光を優しく反射し明るい空間をつくっています。
素足で歩くと自然な温かみが感じられます。時を経て次第にこのご家族の色へと変化していくことでしょう。
リビングのドアは、優しいグリーン色の木製ドアとなっています。大きな透明ガラスは、廊下からでもリビングが見渡すことができます。

 

和のスペース

くつろぎのスペースとして和の空間をつくりました。モダンなペンダントが良く似合います。

ダイニングキッチン

改装前の内観

奥様がもっともこだわられたのがダイニングキッチンです。
天井を取り除くことで梁を見せた空間は、開放感に溢れています。
交換した大きな窓からたっぷりを光が射し込み、明るいダイニングとなっています。
この日のお料理はプロ級の腕前をお持ちの奥様が美味しい料理を振舞ってくださいました。今後この家でお友達を招いてのお料理教室を開催したいとのことでした。
シンプルなインテリアにKAKI工房さんの無垢の家具がとてもよく調和します。
床は土間コンクリート仕上げとなっています。こだわりの業務用のステンレスキッチンとも調和しています。
既存の柱のホゾ穴などは埋めずにそのまま見せています。この建物が経てきた時の趣を残したいというY様のこだわりです。

キッチンの傍にはワーキングスペースと十分な広さの食品庫を設けました。

 

洗面・トイレ

明るく清潔な印象のガラスの洗面台が印象的です。

2階居室

改装前の内観

外観でも印象的な既存のアールの窓は内観にも大きな特徴となっています。
この部屋は子供部屋として使用されます。
2階は床を張替えています。
天井を取り除き梁を見せることで、開放感に溢れた空間となっています。また、クローゼットも使いやすく作り直しています。
古い建物にあったカウンターバーの出入り口。
子供たちのためにそのまま残しました。

主寝室も明るい空間に生まれ変わりました。こちらの天井も天井を取り除き梁を見せています。



宿泊体験型モデルハウス

家づくりを考えている方にぜひ、おすすめです!第一歩として実際にモデルハウスでご体感いただき、イメージづくりにお役立て下さい! ただ今、予約受付中です。 詳しくはこちら